インフォメーション
2021.04.23お知らせ

共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT) 「地域共創分野」シンポジウム開催のご報告
STI for SDGsによる地域社会課題への挑戦 ~地域共創分野の開始に向けて~

  

 2021年3月19日(金)、共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)「地域共創分野」シンポジウムがオンラインにて開催されました。 COI代表として本学都市イノベーション研究院の有吉亮特任准教授が登壇し地域課題解決への取組み事例紹介を行いました。

事例紹介   

 共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)は、大学等が中心となって未来のあるべき社会像(拠点ビジョン)を策定し、
その実現に向けた研究開発を推進するとともに、プロジェクト終了後も、持続的に成果を創出する自立した産学官共創拠点の 形成を目指す産学連携プログラムです。令和3年度より、地域の自治体と連携した地域の大学が中核となり、産学官民が集って 地域の社会・経済課題を捉えて地域の将来ビジョンを策定・共有し、その実現に取り組む「地域共創分野」を新設します。
  当日は、ZoomウェビナーとYouTubeのライブ配信を併用し、全国の大学等の研究者やURA、産学連携コーディネーター、 地域自治体職員等を中心に、のべ400名を超える方々にご参加いただきました。

 今回のシンポジウムでは、地域共創分野の開始に向けた機運を高めるため、以下の 3 点をトピックに、 特別講演 1 件と地域課題解決への取組み事例紹介 5 件を取り上げました。
  ・地域の未来のあるべき社会像(社会課題)を捉えるポイントは何か
  ・社会課題からバックキャストする際の重要な視点は何か
  ・多くのステークホルダーとの関係構築(巻き込み方)の秘訣は何か   

 シンポジウム後半では、登壇者全員によるパネルディスカッションを実施し、各事例の秘訣や苦労した点を深掘りするとともに、 参加者から寄せられた意見を取り上げ、議論を交わしました。   

パネルディスカッション

<特別講演>
■「SDGs を起点とした、共創による地域の課題解決にむけて」
小原 愛 氏(一般社団法人 Japan Innovation Network ディレクター)

<地域課題解決への取組み事例紹介>
■「人口減少社会における持続可能な汚水処理の実現 ~産官学による新技術開発と地域課題の解決~」
藤原 拓 氏(高知大学 教授)
大澤 裕志 氏(前澤工業(株)環境ソリューション事業部官需推進部⾧)
■「科学技術が地域に果たす新しい貢献のかたち - ニーズから生まれた共創コミュニティー -」
増田 貴史 氏(北陸先端科学技術大学院大学 講師)
杉山 歩 氏(山梨県立大学 准教授/山梨大学 特任准教授)
■「みんなでつくる地域のためのモビリティシステム ~ JST-COIプログラムによる実践研究を中心に ~」
有吉 亮 氏(横浜国立大学 特任准教授)
■「會津価値創造フォーラム、サードプレイスを中心とした連携」
藤井 靖史 氏(會津価値創造フォーラム)
■「大学と地域が連携した取組について ~先端金属素材グローバル拠点創出事業~」
太田 史朗 氏(島根県 商工労働部⾧)
服部 泰直 氏(島根大学 学⾧)


【関連リンク】