インフォメーション
2021.04.21お知らせ

横須賀市での「沿道状況センシングシステム」が国土交通省の
3D都市モデル「PLATEAU」のユースケースとして取り上げられました

 LocaliST 株式会社、横須賀市、Mobileye Vision Technologies Ltd.、丸紅株式会社、ESRI ジャパン株式会社と本大学が
共同して実施している「沿道状況センシングシステムの開発」が、国土交通省が進める3D都市モデル整備・活用・オープンデータ化の プロジェクト「PLATEAU(プラトー)」のユースケースとして取り上げられました。
  

国交省サムネ

 沿道状況センシングシステムは、車載センサによって路面状況等の道路に関するデータと、歩行者や自転車の位置・量
に関するデータを収集し、これを他の既存データと重ね合わせ、道路の通行安全性を多角的に評価することで、
より人間中心で安心安全な歩行環境・自転車走行環境の実現を目指すものです。
センシング機器1 センシング機器2