持続可能なモビリティシステム研究拠点
横浜国立大学 持続可能なモビリティシステム研究拠点からの発信
with Corona および after Corona における都市交通の課題
― 多様性を尊重する交通システムへ ―
2020年4⽉現在、世界で猛威を奮っている新型コロナウイルスは、都市⽣活に多⼤な 影響を与えています。そこで、都市交通についての戦略的な研究を推進してきた横浜国⽴⼤ 学 持続可能なモビリティシステム研究拠点(以下、「本拠点」)として、この緊急事態下の 社会 (with-Corona) に対して、そしてこの事態が終息していったあとの社会 (after- Corona) に対して発信できることをまとめました。>> 詳細はこちら
インフォメーション

>> インフォメーション一覧をみる